未来の"働く"
あたりまえを創る

「必要なときに必要な専門家を活用する」 新しい人材活用の形です。
1

ハンズオン型支援

従来の”顧問”契約とは違い、アドバイスだけの支援ではなく実際のクライアントとの商談同席や提案資料作成、アナリティクス解析等、ハンズオン型での支援を基本としているため、成果が見えやすく、事業成長に貢献することができます。  
2

ハイクオリティ

Bizlink expert の登録者は、ドッグイヤーのベンチャー企業を牽引した経験のある専門性の高い優秀な人材を厳選し登録いただいておりますので、短時間の契約でも高いパフォーマンスを発揮します。  
3

フレキシビリティ

最短翌日からのスタートも可能。契約頻度も月1回からお選びいただけます。契約期間についても、最短1ヶ月のプランをご用意しておりますので、ご要望に合ったプランをご提供。  
社内で生じる課題解決や新たなビジネス展開の際に、自社内のリソース だけではなく 優秀なその道の専門家を1日単位で必要に応じて活用出来る新しい人材サービスです。
会社名 株式会社Growther
所在地 〒108-0073 東京都港区三田2-14-5フロイントゥ三田603
創業 2015年5月18日
電話番号 03-6686-0906
FAX番号 03-6672-2612
メール info@growther.co.jp
代表取締役 姜 大成(かん てそん)
事業内容 独立専門家による経営コンサルティング
キュレーションメディア運営
組織・人事コンサルティング
クラウドソーシング事業
アクセス
『本当の成長(幸福)』を問い続ける

クライアントにとって、本当の成長(幸福)とは何か。それを問い続けることがGrowtherの使命です。
私たちにとってのクライアントは、”想いのある経営者”。大義を掲げ、叶えたい世界に向かって突き進む経営者にとって、「ヒト・モノ・カネ・情報」といった経営リソースはいくらあっても足りません。
特に、労働力人口の減少や転職・独立時代の近年、優秀な人材を正社員で採用するハードルは非常に高いといえます。崇高なビジョンはあるが、出逢う機会を得られず、結果的にヒト不足で倒産してしまう。
そんな会社を救うべく、我々は活動しています。

現在、優秀な人材を資本(キャピタル)と捉え、それらを「流通」させることで、「機会の不均衡」をなくせないか、そう考えています。具体的には、「プロジェクトのゴールに合わせて、世界中の"時間・場所・箱"に捉われない最適な人材を集められる社会」を創ることで、想いに人が集まる仕組みを創ってまいります。
ビジョンを達成する企業を増やし、成長(Growth)にコミットする集団が、Growtherです。

■「世界中の“時間・場所・箱”に捉われない最適な人材を集められる社会」をビジュアル化すると
上記の世界観を映像と音楽で表現したものがこちらです。
クライアントから依頼された「Growtherダンスプロジェクト」に対して、時間・場所・箱(主婦兼務・離島在住・企業勤務)に捉われない理想のダンサーをアサインすることで、プロジェクトを成功させる』という構成になっています。

Message

【21世紀の新しい社会を創る】
8世紀後半から19世紀前半にかけて産業革命が起き、農工業中心の社会から第二次産業、第三次産業が勃興し、重工業が盛んになりました。瞬く間にその流れは人々の生活を一変させ、都市化が進み、自由貿易が盛んになり近代化路線、そして植民地支配を軸とした拡大路線に各国舵を切りました。いわゆる、「パックスブリタニカ」 時代の話です。19世紀の社会はイギリスが主導で進められた、自由貿易と植民地支配の時代だったと言っても過言ではないのではないでしょうか。

しかしながら、自由貿易や植民地支配は必ず対立を生み、競争を生みました。その結果、第一次世界大戦と第二次世界大戦が勃発しました。その際、パールハーバーの悲劇以外では自国に戦火を落とすこと無く、銃器や戦闘機の提供をし続けたアメリカが着実に世界の資本を呼び寄せ、マーシャルプランによって急速に資本主義構造の立て直しを図り、ドル基軸通貨を中心とした「パックスアメリカーナ」時代をつくりました。

そして現在、資本を中心とした実体のない経済が暴走をし、崩壊寸前の状態にまで 差し掛かっています。フランスの経済学者ピケティが主張する通り、資本収益率に傾倒しすぎた社会は格差社会を加速させています。

この格差社会に終止符を打つべく、我々は、想いに人が集まり、共感によって資本が集まる仕組みを整え、「21世紀型の資本主義社会」を創ってまいります。